2006年 01月 03日 ( 1 )

次のターゲットは「女性」

2006年が始まりました。
今年がどんな年になるのか不安と期待でどきどきしています。

就活をしいると、自動車産業は競争が激しいなあと感じました。
しかし、海外での販売は上手く行っているようです。
そうなると、次は国内に目を向けるのではないかと思っていました。

国内の売れ行きはまだ良くなさそうです。
では、誰をターゲットにするのか?と疑問に思っていました。
どうやら「女性」らしいのです。
「女性の視点を車やサービスに織り込む」ことを目指すようです。

フローリングの低い床にしたり、化粧用鏡を付けたり、これだけでも驚きました。
車内の床にフローリング調の素材を採用して簡単に掃除できるようにした車もあるそうです。
他にも、従来車種より車高を6センチ低くし、荷物の出し入れや乗り降りを楽に出来るようにした車も昨年10月に発売されていたそうです。

次々と手段を講じるその姿は見習うべきものだと思います。
しかし、私は車は使い易さよりも安全性の方が気になります。
日本で売られている車は外国で売られている日本車よりも強度が弱そうに見えるのは私の気のせいでしょうか?
[PR]
by midori_tt | 2006-01-03 17:01 | Miscellaneous notes